×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ボトックスと多汗症

多汗症の治療にもボトックス

多汗症とわきが

ボトックスはしわなどに効く美容法という認識が強いですが多汗症の悩み解消にも役立っています。 多汗症とわきがは別のものですが、多汗症の方が臭いが強い傾向があり、多汗症治療をするとわきがの症状も軽く なることがようです。多汗症治療にボトックス注射が広く使用されるのは、注射をするだけで脇の下の敏感な汗腺の 働きを抑えて、多汗症の症状を改善することができるからです。 汗と臭いは、「エクリン汗腺」「アポクリン汗腺」の2種類の汗腺から出ています。 多汗症治療は、1泊の入院や手術後の傷跡が残るなどの心配がありました。 ボトックス注射は手のひら、足裏など多汗症が気になる部分に数箇所注射をするだけなので、治療時間は15〜30分です。 多汗症治療をした部分の筋肉が動かなくなってしまうのでは?と心配される方もありますが、汗腺の適切な場所に注射を すれば筋肉が動きにくくなるということはありません。筋肉と汗腺が存在する場所はさが異るからです。 個人差はありますが、半年サイクルで続けると数年で汗腺が萎縮するともいわれています。 ボトックス注射はしわ治療だけでなく、多汗症やわきがの治療においても非常に高い効果がようです。 日常生活において汗が多くて困っている方や、汗が多いとの自覚症状など汗を多くかいてしまう症状を多汗症といいます。 それによって多汗症の症状を改善することができるようです。 原因となっているのは、アポクリン汗腺と呼ばれる部分から出る汗の1種です。 軽度〜中度のわきがならボトックス注射により、アポクリン汗腺からの汗の分泌を抑えることができます。 重度のわきがの場合はアポクリン汗腺を取り除く外科手術が必要なようです。 多汗症によるワキの汗や臭いは、自分でも気がつかないうちに人に不快感を与えていることがあります。 その必要はありません。ボトックスをワキに注射することにより自律神経の発汗命令が抑制され、汗の量を抑えることが可能となります。 セールスマン、弁護士、銀行家、株式ブローカーなどの仕事をしている人の中には、裁判や大事な取引などで、誤った表情を見せるリスク を軽減するためにボトックスを使用する人もいるそうです。人たちの中には、人が出てくるかもしれません。 汗やニオイの悩みを解決するためにワキの下にボトックスを注射するそうです。そういったことはありません。ワキガ治療にボトックスが 利用できるかというと、働きを弱める作用があるので、ワキの下に注入すればアポクリン汗腺やエクリン汗腺といった汗腺の活動を抑制 できるので、汗の分泌が抑えることができます。

ボトックスでする多汗症の治療

多汗症の治療法のひとつにボトックスによる治療も最近注目されていますが、ボトックスでは効果が永久的に続くものではないことを認識しなければなりません。 ボトックス注射で有名なのはシワをなくすというものですが、多汗症に対してはどのような効果があるのでしょうか? 大きく分けて二つの汗腺がワキの下にはあります。 汗腺のうち毛穴につながっている汗腺から出てくる汗が空気中の殺菌と触れることにより独特のニオイを発っせられます。 多汗症の人がみんなワキガになるわけではありません。多汗症を治すには、この汗腺自体を取り除く手術をしなければなりません。 都合で何日も休めない人や手術はしたくない、だけど多汗症は治したい!という人にぴったりなのが、注射といえるでしょう。 ボトックスを注入することにより、ワキの神経を刺激して、汗が出にくくなります。 多汗症を防ぐ為には定期的なボトックスの注射をしなくてはなりません。多汗症を治療するにはボトックス注射で発汗を抑制します。 多汗症の中でも特に効果が大きいのは多汗症に効くとされています。 ボトックス注射が多汗症に発汗を促進させているアセチルコリンという物質をボトックス注射の主成分であるボツリヌス毒素はアセチルコリンの分泌を抑制することで多汗症治療に効果が現れます。ボトックス注射を受けた人の7〜8割の人に効果が見られるほど、ボトックス注射の効果は多汗症に対し大きいようです。 多汗症への効果が現れるのは早ければ翌日に効果が現れるようです。ボトックス注射は多汗症の根本的な治療ではありません。 半年くらいは効果が持続しますが、それ以降は多汗症が再発し始めます。

omo